6月のテニススクールテーマ『アプローチショット(スライス)』


6月のテニススクールテーマ『アプローチショット(スライス)』
(相手のコートの深い位置・ダウンザライン・相手の苦手なサイドを狙いましょう)

①~1 スライスショットはイースタングリップでラケットを持ち、打点は目の高さに合わせる。
     打球時の当りは腕とラケットを一体にし、押しつけるような感覚です。

1~2 アプローチをしたポイントから相手の返球を予想してポジションをとり、積極的にボレーをしてみましょう。

2~3  フォア・バックでアプローチし、相手の動きや返球を考えて次のショットを選んでみましょう。(ドロップショットなど)

★アドバイス★ 今回のアプローチショットはスライスを使って打ちましょう!!



【先生からのアドバイス】

綿貫副校長

「今回はアプローチがテーマでした。

特にスライスをやってきたこともあり、ボールが短くなったり上に飛んでしまったりとコントロールがなかなか難しかったようです。

ただ、全体的には前に出てボレーをするという気持ちが出て来ていたようなので良かったかと思います。