7月のテニステーマ『アプローチショット&アングルボレー』


7月のテーマ「アプローチショット&アングルボレー」
アプローチショットはネットへ詰める為のショットなので、正確性と速度に注意する。
アングルボレーはいつ使うのかの判断が大切です!

①~1 サービスラインの少し後方からフォア・バックにコースを打ち分け
る。打点・フェイス面に気を付ける。

1~2 ベースサインからネットへ詰める。平行陣であれば、速度を落として相手の足元へ。相手がベースラインにいる場合は深いボールを打って、アングルボレーでポイントを獲る。

2~3 フォア・バックで、深いアプローチ・浅いアプローチの打ち分け。
ミドル・ローボレーでのアングルの打ち分け。



【先生からのアドバイス】

「①~1レベルの方達は前へ出てボレーを打つ自信がないのか、ベースラインへ戻ってしまうことが多かったです。

アプローチショットの練習なのですが…なかなか難しそうでした。

アングルボレーは2~3レベルの方達になると、面のつくりが良くいいタッチでボールを捕らえていました。」