12月のテーマ『ボレーのコントロール』


12月のテーマ『ボレーのコントロール』ラケットは振らないようにして、足を使ってボールを運ぶ。
①~1,フォア・バックともにネットとサービスラインの中間の位置からコントロールできるようにする。
1~2、サービスライン上の位置からコントロールする。ミドルボレーだけでなくハイボレーも加える。ラケットスイングは平行にして、上から下に降り下ろさないように気をつける。
2~3、サービスラインとベースラインの間にあるデッドゾーン内の位置からコントロールする。
ポイント:ミドルボレーはボールより高い位置にラケットをセットする。身体の斜め前でインパクトし、グリップエンドをおへその方に引き寄せる。



【先生からのアドバイス】
サービスラインからのコントロールは、初心者や基礎のレベルの人達には難しい感じでどうしても力が込もってしまい、ラケットを必要以上に振ってしまう為、思った場所にコントロールができませんでした。

ボレーの基本の構えや足の運びに注意して練習していきましょう。

応用~実践のクラスはコントロールの良さはさすがでした。
ただチャンスボールが来ると力み過ぎてネットやベースラインオーバーのボールを打ってしまっていました。
リラックスして打つように心がけて見てください。