5月のテーマ『バックハンドストローク』


5月のテーマ バックハンドストローク
バックハンドストロークは片手・両手打ちがあります。グリップと打点に注意しましょう。

片手:右肩を支点にして振り子のようにスイングをする。右腰を突き出し、胸を張るように!!
両手:右肩を入れて、左足に体重を乗せる。ボディターンの各動作を同時進行で行うように!!
  
①~1,グリップと打点の再確認。バックハンドイースタングリップかセミウエスタングリップ、打点は踏み込み足あたりです。
   
1~2、順クロス、逆クロスへの打ち分け。ストレートに打つときと同じような感覚で、身体をうちたい方向(クロス)へ向けて打ってみましょう。
      
2~3、スライスでのコントロール。ラケット面の上で長く転がすほどスピンがかかり、コントロールの安定につながります。



【先生からのアドバイス】

「バックハンドの際に、グリップチェンジをすることが難しい方がかなり多く見られました。

フォアハンドからの連続の動作になると、グリップがそのままになっていたり、グリップチェンジをしてもコンチネンタルグリップ辺りで握ってしまって、そのまま打ってしまっているようでした。

グリップチェンジの大切さを実感してもらえたらと思います。」