[ No.26 ] テニスのミス・エラーについて  

グリップ(応用編)

『緊急時にはグリップチェンジしてみよう!』

1,相手からワイドに追い込まれてのロブやスライスショットで返球
2,相手からのロブをジャンピングしてとる
3,あまりにも遠いヴォレー

 これら上記3ショットは下記のようなグリップを使うことによって、そのリーチを最大限に伸ばす事が可能です。

・バックハンドイースタングリップを利用して、ファアハンドストロークやファアハンドヴォレーを打つ
・フォアハンドイースタングリップを利用して、バックハンドストロークやバックハンドヴォレーを打つ

 相手から非常にワイドに打たれたショットに対して、打点が極端に後方にならざるをえないストロークやヴォレーで返球する際に、通常のコンチネンタルグリップではどうしてもリストワークに無理があります。よってこのグリップは緊急時の最後のグリップとして使われます。このグリップは横方向に対しては相手コート方向に向き、尚且つラケット面がオープンになり、ショットがアンダースピンになる為にボールを深く打つことができます。上方向に対しても同様、打点が後方になっても相手コートにラケット面が向きやすくなる為、最大のリーチを得ることができるのです。このグリップを使う際には下記の条項が絶対条件となります。是非お忘れなきよう。


・グリップエンドが手の平の中に入る程、長く持つ


次回は『テニスのミス・エラーについて』編の
       「打点:ヒッティングポイント」についてです。